りんご7976を長持ちさせるための正しい保存方法とは

購入してきたりんごを長期間保存したい場合、一体どのような方法で保存すると良いのでしょうか。 まずは、りんごの保存に適している温度は0度から5度とされています。ですので、普通の家庭にある冷蔵庫の中で冷やしながら保存すると良いのです。温度が一定に保たれていますので、長期的に保存することも可能になります。 次に、湿度を高く保つことも重要になってきます。乾燥していては長く保存することが出来ないのです。しかし、冷蔵庫の中というのは乾燥している状態ですので、高湿度を保つための工夫を施す必要があります。まずはビニール袋に入れて完全に口を閉じます。少しでも開いていると段々と腐って行ってしまいますので、必ずきちんと口を閉じるようにしましょう。続いて、新聞紙でりんごが入ったビニール袋を包みます。そのままビニール袋の口を下にして、野菜室にそっと仕舞いましょう。 以上のような保存方法を守ることにより、大体2週間から1か月程度の間、りんごをキレイな状態で保存することが出来るのです。箱で大量に購入してしまった場合などに有用でしょう。 最後に、りんごから出るエチレンガスというのは、他の果物の熟成を早める働きがありますので、他の果物とは離して保存しましょう。

せっかくのりんご7976を腐らせない!

りんごは果物の代表格であり、栄養価も高いです。味も良いので、お好きな方も多いのではないでしょうか。 りんごを人からもらったりすることもあるかと思いますが、せっかくのりんごを腐らせてしまうのは勿体ないですよね。 良い状態でりんごを保存するためには、りんごをポリ袋などに入れて密閉し、涼しい冷暗所で保存するのが一番です。 気温が高くなる夏は、冷蔵庫に入れておいた方が良いでしょう。また、ポリ袋に入れる前に新聞紙で包むと、より長持ちすると言われています。